麻疹の流行が懸念されています

  5月22日付保健省ホームページによると、2017年の麻疹患者数は1月からの4ヶ月間で172例にのぼり、前年の同時期の8例と比較すると20倍以上の発症数であるため大流行の可能性が懸念されています。
 
  大流行が懸念される根拠として、
 
・ウクライナにおける小児に対するMMR(麻疹、流行性耳下腺炎、風疹)ワクチンの接種率が低いこと。
 
・ウクライナにおける麻疹の流行は5年から6年の周期性があり前回の大流行(2012年:1万3千人が発症)より5年経過していること。
 
が指摘されています。
 
  基本的に、われわれ日本人はMR(麻疹、風疹)ワクチンを定期予防接種として小児期に接種していますが、みなさまのお子様が何らかの理由で未接種の場合には接種を検討されることをお勧めします。