G7大使「ウクライナ・サポート・グループ」の地方共同視察

  6月21日、角大使は、G7大使とともに、非中央集権化を含む地方における改革の進捗状況を視察するためにチェルニヒウ州へのG7大使「ウクライナ・サポート・グループ」の地方共同視察に参加しました。
 

キプティ町行政サービスセンター前で(G7大使、ズブコ副首相兼地域発展・建設・公共サービス相
及びキプティ町関係者)

  まず、G7大使一行は、非中央集権化の一環で合併したチェルニヒウ州キプティ町の行政サービスセンターを訪問し、EUからの支援を受けた同センターを視察するとともに、米国の支援を受けた土地資源活用プロジェクトに関する説明を受けました。
 

チェルニヒウ州の合併町村首長とG7大使の意見交換

  続いて、G7大使は、チェルニヒウ市を訪問し、チェルニヒウ州の合併した町村の首長らと非中央集権化や保健改革などについて意見交換したあと、クリーチ・チェルニヒウ州行政府長官及びアトロシェンコ・チェルニヒウ市長との昼食会に出席しました。
 

チェルニヒウ州警察でのトヨタ・プリウス及び三菱アウトランダーとの記念撮影

  最後に、一行はチェルニヒウ州警察を訪問し、我が国から提供され、パトロール車両として活用されているトヨタ・プリウス及び三菱アウトランダーを視察し、地元の州警察から我が国からの支援に謝意が表明されました。