モルドバ概観 (2011年10月現在)

国防

 モルドバ軍は,地上軍,空軍から構成されており,海軍は保有していない。地上軍は歩兵部隊を中心に3,231名(志願兵1,297,徴集兵1,934),空軍は826名(志願兵567,徴集兵259)で輸送機,ヘリコプターを保有している(ミリタリーバランス2011による)。

 

 沿ドニエストル「政府」軍は,地上軍を保有していると見られ,歩兵及び戦闘車両を保有している。その他に,沿ドニエストル地域には共同平和維持部隊要員を含み約1,500名(ミリタリーバランス2011による)のロシア軍部隊が駐留を続けている。

 

 ドニエストル川を挟んで設定された「安全保障地帯」には,モルドバ軍,沿ドニエストル「政府」軍,ロシア軍及びウクライナ軍(監視要員のみ)による共同平和維持部隊が編成され同地域の停戦監視等の活動を実施している。

 

(ロシア軍撤退問題については「沿ドニエストル問題」参照。)

 
 
 
このページのトップへ戻る