ウクライナの若手有力相撲力士の日本相撲部屋弟子入り(原田公使参事官主催の夕食会)

2018/11/7
  ウクライナの相撲力士セルヒー・ソコロウスキー氏(同力士は2017年1月に開催された欧州相撲選手権の優勝者であり,本年5月に米国で開催された世界相撲選手権大会では2位に入賞したウクライナの若手有力力士)が日本相撲協会の入間川部屋に弟子入りするために11月8日に訪日します。それを受けて11月7日,当館原田公使参事官はキエフにて同力士の壮行会を開催しました。
  原田公使参事官より,ソコロフスキー力士の日本での活躍を心から祈っている,元横綱大鵬(大鵬の父親はウクライナ人)のような力士に早くなってほしい旨述べたところ,同力士から,日本で相撲をとることは自分の長年の夢であったので非常に嬉しい,修行を積んで早く一人前の力士になれるよう頑張りたい旨の強い決意を述べていました。
  ソコロフスキー力士の今後の日本相撲界での活躍を期待し,日本大使館も同力士を応援していきます。
 
  
原田公使参事官とソコロウスキー力士   ソコロウスキー力士と原田公使参事官,田中ウクライナ財務相顧問(左下),本間書記官(左上)と一緒に



ソコロウスキー力士(左から4番目)と日本の相撲力士達(前列右から2人目は横綱鶴竜)との写真